今までなかった超軽量ポリエステル樹脂粘土パテ・ポリパテ「ポリヤネン」

今までなかった超軽量ポリエステル樹脂粘土パテ。「ポリヤネン」は《特許出願中》!
使い方は簡単!主剤に硬化剤を混ぜて手でこねるだけ!

ワン・オフなどのボデー製作、自動車ボデーの凹み修理、スポイラー修理、FRP製品の修理や加工、オリジナルの加工、フィギュア製作等、様々な用途に使えます。

一般用ポリヤネン樹脂・プライマー・硬化剤セット(トータルイメージ)

画像はポリヤネン樹脂・プライマー・硬化剤セットのトータルイメージです。販売当初は「一般用」とさらに密着度を増した「金属用」の2種類でスタートしました。
その後「一般用」の改良により「金属用」と同等の密着度を実現、現在は「一般用」のみの販売となっております。

ポリヤネンのご購入はこちらのページで承っております。

ポリヤネンはこうして開発されました

ポリヤネン

「ポリヤネン」はFactoryBodyArtオリジナル開発製品です。

「厚盛り重視で!軽い!!紙粘土のようなパテが欲しい!!」というFRP製品・ボデー製作などを専門に手がけている工場様からのご要望で生まれました。

市販のポリパテは厚盛りには向かず、気に入るラインを出したり、欲しい厚みを付けるためにはこれまで…何度も何度もパテの重ね塗りが必要でした。

しかしやっと仕上がったバンパーは、パテの重さのために「まるでコンクリートの塊!?」ボデーショップのプロの方のほとんどは、これまでそのような経験をされてこられたのではないでしょうか?「ポリヤネン」は、そんなプロショップ様のご要望から生まれました。

ポリヤネンの特徴

FRP製品の修理や加工に、また小さい部品の鋳型製作などにも使用できます。「1度使ったら手放せないアイテムの1つになった」とプロショップ様の評判も上々で、その性能と使いやすさは実証済みです。ご興味のある方は、作業の実際についてこちらのページ(FactoryBodyArtのサイト)でご覧いただけます。

ポリヤネンのご購入はこちらのページで承っております。

使用方法(簡単な説明)

詳細な使用方法についてはこちらのページをご覧ください。下記においては使用方法を簡潔にご紹介いたします。

ポリヤネンの使用方法はとても簡単です。

  1. 盛り付けたい部分に専用プライマー(硬化剤が必要です)を塗ります。
  2. 手で缶からポリヤネンを取り出して、硬化剤をかけてよく練りこみます(下の画像をご参照)。
  3. あとは盛りたい部分に押し付けて肉盛りし、硬化を待ちます。
  4. 欲しい形に削り込んだら通常のポリパテでペーパー目を消して成形完成です。

使用上のご注意

主な成分

不飽和ポリエステル樹脂・硬化促進剤・ガラス繊維・中空ガラスビーズ(増粘、増量、軽量剤他)。「ポリヤネン」は特許出願中です。

ご購入の方は

ポリヤネンのご購入はこちらのページで承っております。商品ラインナップがご覧いただけます。

ページのトップへ戻る