ポリヤネン使用例:ロッカーパネルのさび補修

ボデーの錆でもっとも多いのがロッカーパネル(サイドシルパネル)です。錆びると鉄板を溶接して穴埋めするか丸ごと交換しなければなりません(FRPで補修する場合もあります)。通常かなりの手間がかかりますが、ポリヤネンを使えば簡単に補修ができます。

それぞれの画像はクリックすると大きな画像でご覧いただけます。

注記

パテ入れの時に出っ張らないよう、錆を落とした後に補修部分は表からハンマーで軽く叩いて凹ませておきます。

ご購入の方は

ポリヤネンのご購入はこちらのページで承っております。商品ラインナップがご覧いただけます。

ページのトップへ戻る